お風呂に入ろう~心も体もリフレッシュ~

お風呂に入ろう~心も体もリフレッシュ~

みなさま、お風呂にはゆっくりと浸かっていますか?

最近、気温もぐんぐんあがっていますので、

「暑いからあんまり湯船に浸かっていない」

「夏はシャワーに限る!」

という方も多いのではないでしょうか。

今回は、日常のルーチン「入浴」についてです。

入浴の効果

テレビの健康番組などでもよく取り上げられていますが、入浴の効果としては次のような効果があるといわれています。

1.温熱作用

体があたためられることで、血管が広がり、血行が良くなります。

血行が良くなると、老廃物や疲労物質の除去なども活発になり、筋肉の緊張がほぐれたり、内臓のはたらきを助けたりといった効果が期待できます。

また、血管が広がることで、副交感神経が刺激されます。

副交感神経が活発になると、体はリラックスします。

副交感神経のはたらきの一例としては、

  • 血管の拡張
  • 血圧の低下
  • 胃腸の運動が増える
  • 脳の働きが抑えられて眠くなる

などがあり、夕食後のリラックスしているときなどを想像できますね。

つまり、心も体もリラックスできるということです。

2.水圧作用

プールで体感したことがある方も多いと思いますが、お風呂でも同じように水圧の影響を受けます。

全身へ水圧がかかることで、特に脚にたまった血液が押し戻されて、心臓の動きを活発にします。

脚には、体内の全血液量のおよそ3分の1が集まっていますが、日中は重力の影響で心臓まで戻りにくくなっています。

入浴によって、水圧の影響を受けて、血液が心臓へ押し戻されることで、むくみの解消につながります。

また、全身浴では腹部への水圧もかかりますので、肺(横隔膜)にも影響します。

プールの中で呼吸がしにくくなると思いますが、それは水圧によって肺の容量が小さく縮んでいるからです。

息苦しくなると呼吸の回数も増えるので、心肺機能の回復にも効果があります。

3.浮力作用

お風呂の中でも、プールと同じように浮力が働いています。

水中では、陸上と比べて体重がおよそ9分の1になります。

普段体重を支えている筋肉や関節は、水中では緊張がほぐれ、全身がリラックスした状態になります。

自分では気がつかないような負担がかかっていますので、入浴で負担から解放してあげましょう。

最適な入浴環境とは?

入浴と一口にいっても、様々な方法があります。

どんな効果を得たいのかによって、入浴の条件を変えることが大切です。

◆リラックスしたいとき

⇒ぬるめ(38~39度)のお湯に長めに

◆筋肉の疲れをとりたいとき

⇒あつめ(42~43度)のお湯に短めに

など、ちょっとした工夫で、より質の高い入浴ができます。

いつものお風呂タイムにひと工夫して、疲れをなるべく残さないようにしてみてはどうでしょうか。

Uncategorizedカテゴリの最新記事